iPadのASM手動登録も可能!~iPhone版Apple Configuratorの使い方~

公開日:2023/05/22
最終更新日:2023/05/22

Apple School Manager(以下ASM)で、誤ってiPadの所有を解除してしまったことはありませんか?

今回のコラムでは、簡単にiPadをASMに手動登録する方法を解説していきます。

ASMに再登録するには?

Appleの「Automated Device Enrollment(以下ADE)」※1 は、iPadのキッティングを簡略化する上で欠かせないサービスです。

けれども、ASMでiPadの所有を解除してしまうと、そのiPadはADEが使えなくなってしまいます。

これまで、所有解除済みのiPadで再度ADEを利用するには、MacBookPro等のmacOS端末にインストールされたApple Configurator for Mac(以下AC for Mac)を使って、手動でASMに再登録する方法しかありませんでした。

しかし、iPadOS 16のリリース以降、上記の方法に加え

Apple Configurator for iPhone(以下AC for iPhone) ※2

でも、iPadをADE化させられるようになりました。

従来のAC for Macと比較し、AC for iPhoneはケーブル接続や難しい設定も不要で、iPadをASMに再登録できます。

※1 ADEの詳細については、下記のURLを参照ください。
https://www.mitani-edu.jp/column/074/

※2 AC for iPhoneによるmacOS端末のASM登録方法については、下記のURLを参照ください。
https://www.mitani-edu.jp/column/087/

AC for iPhoneの利用要件

AC for iPhoneを使用するには、いくつかの要件を満たさなければなりません。

追加するデバイスの最小システム要件AC for iPhoneインストール対象の最小システム要件設定アシスタントのパネル
Mac
(macOS 12.0.1)
iOS 15国または地域を選択
iPhone
(iOS 16)
iOS 16Wi-Fiネットワークを選択
iPad
(iPadOS 16)
iOS 16Wi-Fiネットワークを選択

※参照:Apple Configuratorユーザガイド(iPhone用)
    https://support.apple.com/ja-jp/guide/apple-configurator/welcome/ios

まとめると、AC for iPhoneでiPadをASMに登録するには、

iOS 16以上のiPhoneにAC for iPhoneをインストールし、

ASM登録対象のiPadはiPadOS 16以上にアップデートする必要があります。

iPadをASMに登録してみよう

それでは、実際にAC for iPhoneを用いてiPadをASMに手動登録するまでの手順を見ていきましょう。

01)iPhoneにAC for iPhoneがインストールされていない場合は、AppStoreよりインストールを行います。

AC for iPhoneは無料でダウンロードが可能です。
https://apps.apple.com/jp/app/apple-configurator/id1588794674

02)AC for iPhoneを起動し、管理者用の管理対象Apple IDでサインインします。
※ASMでデバイス権限が割り当てられた管理対象Apple IDを利用してください。

※起動時に、Bluetoothやカメラへのアクセスを求められたら許可しておきます。

03)必要に応じて、設定からネットワーク構成を変更します。
ここでは、iPhoneをWi-Fiに接続させ、[Wi-Fiを共有]を指定します。

04)つづいて、iPadの操作に移ります。
初期化していない場合はiPadを初期化し、言語等の初期設定を進めます。
[Wi-Fiネットワークを選択]まで進めたら、操作を一時中断します。

05)AC for iPhoneを起動すると、iPadの画面が以下のように変化します。
iPadに表示された青いイメージを、AC for iPhoneで読み取ります。

06)iPadが正常にASM登録されると、[iPadが追加されました]と表示されます。

以上で、iPadがASMに登録されました。
あとはASMでMDMを割り当てるなど、ADEを利用する上で必要な設定を行いましょう。

注意点

従来のAC for Macと同様、今回のようにAC for iPhoneでASMに手動登録したiPadは、30日間の猶予期間というものが与えられます。

この期間中は、iPadがMDMから離脱できてしまいますので、出来る限り30日が経過してから児童生徒にiPadを配布するようにしましょう。

まとめ

iPadをASMに手動登録する方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

AC for iPhoneの登場により、より手軽にiPadをASMに登録できるようになりました。

今後、ADE非対応で購入したiPadや誤って所有を解除してしまったiPadをASMに登録する際は、本コラムの内容をご参考になさってみてはいかがでしょうか。

iPadやMDM等で何かお困りの方は、三谷商事までお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

本コラムに関するお問い合わせはこちらからよろしくお願いいたします。

教育機関での【iPad管理】に関する資料を公開しています。

~ 教育機関におけるiPadの管理 ご紹介資料 ~

資料の内容

○iPadの管理方法
○iPadの管理でできること
○Apple Configurator 2による管理
○MDM + ADE による管理
○コンテンツキャッシュ

~ Apple School Manager 入門書 ~

資料の内容

〇ASMとは
〇ASMの開設
〇Appとブック
〇Managed Apple IDの管理
〇クラスの管理
○デバイスの管理

Back Number

管理対象Apple IDのサインイン時に他のiPadのパスコードを求められる?

管理対象Apple IDのサインイン時に他のiPadのパスコードを求められる?

iCloudは、Apple社が提供しているクラウドストレージサービスです。 Apple School Managerで作成した管理対象Apple IDの場合、1アカウントにつき200GBものiCloudストレージが無料で利用

Google Workspace「安全性の低いアプリ(LSA)」サポート終了に伴う影響と対応策について

Google Workspace「安全性の低いアプリ(LSA)」サポート終了に伴う影響と対応策について

2024年秋以降、Google Workspaceで「安全性の低いアプリ(LSA)」のサポートが終了する予定となっています。 今回のコラムでは、「安全性の低いアプリ(LSA)」が終了することによる影響や、その対応策に

2024年6月でサポート終了?!Manifest V2 拡張機能の移行期間を延長する方法

2024年6月でサポート終了?!Manifest V2 拡張機能の移行期間を延長する方法

2024年6月以降、Manifest V2のChrome 拡張機能がサポートされなくなることをご存知でしょうか? 今回のコラムでは、Google Workspaceの管理者様に向けて、Manifest V2拡張機能の