ADE(旧DEP)とは? | Edu at Mitani    
2021/11/26

ADE(旧DEP)とは?

 

iPadを組織で管理するためには、様々な方法があります。
その中でも、Automated Device Enrollment(以下ADE)(旧:Device Enrollment Program)は、よく聞く管理方法だと思いますが、実際どのような管理方法なのでしょう。
ADEとは、Apple社が提供する企業及び教育機関向けのiOSデバイス、macOSデバイス導入支援サービスです。
今回は、ADEの具体的な管理方法や利用イメージについて具体的に見ていきましょう。

ADEの特徴

ADEを利用するとどのような利点があるでしょうか。

 1.セットアップの簡易化
 2.監理対象としての登録
 3.MDMへの強制自動登録
上記項目についてそれぞれ見ていきましょう。

1.セットアップの簡易化

通常iPadをMDMに登録を行う場合には手動でMDMへの登録処理を行う必要があります。
手動での登録処理には証明書のインストールやMDMへ登録するプロファイルのインストールなどが含まれます。
一方で、ADEを利用するとiPadを開封してネットワーク接続後、MDMで事前設定した設定(iPadの初期設定やMDMへの登録、必要に応じてプロファイルやAppのインストール)が、自動で処理されるので、管理者は手を煩わせることなく、利用者にiPadを配布することができます。

2.監理対象としての登録

ADEを利用することでiPadを監理対象として登録することができます。
ここで監理対象iPadと監理対象でないiPadで出来ることを比較してみましょう。

・より強いポリシーの適用

監理対象のiPadのみ適用されるポリシーを適用することで、よりiPadへの制限の幅が広がります。(iTunesへの接続を禁止する、WiFiの接続制限など)

・紛失モードの設定

iPadを紛失した場合、紛失モードに設定することで第三者が拾ったときに不正に利用されるのを防ぐことができます。また、紛失モードに設定した際に位置情報を取得することができます。

3.MDMへの強制自動登録

iPadを紛失モードに設定後、端末を初期化してしまっても、初期設定時にMDMに強制的に登録される設定を行うことができます。

ADEの利用イメージ

ここで、ADEの利用イメージについて説明します。

ASM※1 のデバイス管理にてiPadをMDMへ割り当てます。 MDMにて登録情報プロファイルの割り当てを行うことにより、iPadを自動でMDMに登録し、強制的に管理が可能にすることができます。

また、MDMにて構成プロファイルやアプリケーションの設定を事前に行っておくことで、 すぐにiPadを利用可能な状態に設定することができます。

※1 Apple School Manager…Appleが提携しているWebベースのポータルサイトでMDMと連携することでiPadの様々な管理が可能になります。

まとめ

ここまで、ADEの特徴や利用イメージを確認してきました。
ADEの利用にはMDMが必須となりますが、ADEを利用することで管理者にとっては様々なメリットがあります。
これからiPad導入を考えておられるお客様がいらっしゃいましたら 是非ADEをご検討してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせはこちら

本コラムに関するお問い合わせはこちらからよろしくお願いいたします。

  

Apple Configurator 2の資料がダウンロードできます。

資料の内容

〇iPadの管理とは?
〇Apple Configurator 2による管理
〇MDMによる管理
〇DEPとは?
〇管理方法比較

Back Number

MacでiPadを操作!! 〜Sidecarとユニバーサルコントロールの実力〜

MacでiPadを操作!! 〜Sidecarとユニバーサルコントロールの実力〜

iPadとMacの親和性って?  - Air Dropでデータをやりとり - iCloudでデータを共有 - フォトストリームで撮影した写真を即共有 - Handoffで作業中のデータを別デバイスに引き継ぎこれまでもAppl

Googleの新しいストレージポリシーに備えよう!100TB制限に対するストレージ運用方法

Googleの新しいストレージポリシーに備えよう!100TB制限に対するストレージ運用方法

2022年7月から、Google Workspace for Educationで新しいストレージポリシーが施行されることをご存知でしょうか? 今回のコラムでは、その新しいストレージポリシーが適用された後の影響や、組織のスト

csv管理から解放? 一から始めるAzure ADとASMの連携によるManaged Apple IDの管理

csv管理から解放? 一から始めるAzure ADとASMの連携によるManaged Apple IDの管理

年次更新間に合ってますか? 教育機関において、ユーザの年次更新は一大行事です。ICT管理者様においては、様々なシステムにおいて -卒業生のユーザ削除 -新入生のユーザ登録 -在校生のユーザ情報更新などの設定で3月〜4月の大半