2023/01/23

iPadのWebフィルタリング方法

はじめに

インターネット上には様々なWebサイトがあり、中には犯罪にかかわるような危険なサイトなども存在します。
フィルタリングソフトは、それら不適切なサイトの閲覧を制限することのできるサービスの一つです。
子供たちの安全を守るためにも、教育現場で利用するデバイスにはフィルタリングソフトを導入することが望ましいといえるでしょう。

今回のコラムでは、数多くの教育現場で使われているiPadのWebフィルタリング方法について解説していきます。

iPadの主要なWebフィルタリング方法

以前のコラムで、ChromebookでWebフィルタリングをかけるには、GoogleのCEUを利用する方法とサードパーティ製のフィルタリングソフトを利用する方法の2通りがあると述べました。
iPadもChromebookと同じく、主に以下の2つの手段を用いてフィルタリングを設定します。

・方法①:Appleが提供しているWebフィルタリングを利用する

・方法②:サードパーティ製のWebフィルタリングソフトを利用する

Appleでは、Appleデバイス向けにWebフィルタリング機能を提供しており、これはiPadにも標準で搭載されているため、追加の費用をかけずにフィルタリングをかけることができます。
またその他にも、iPadに対応したサードパーティ製Webフィルタリングソフトが各メーカーから販売されています。
iPadで初めてフィルタリングを導入する際は、まずは無償で利用できるAppleのWebフィルタリング機能で様子を見て、より細かく制御したいとなった場合はサードパーティ製の有償ソフトを検討するとよいでしょう。

上記2つの方法から、本コラムではAppleが提供しているWebフィルタリング機能に焦点をあて、具体的にどのようなことが出来るのかを見ていきたいと思います。

Apple標準のWebフィルタリング機能について

前述の通り、iPadには標準でフィルタリング機能が備わっており、設定すれば誰でも無料で使えるようになります。

このフィルタリングの設定は、[設定]アプリ内の「スクリーンタイム」から行えます。 [成人向けWebサイトを制限]か[許可されたWebサイト]を選択すると、SafariをはじめGoogle Chromeなどの他社製ブラウザでも、フィルタリングがかけられます。

・制限なし
閲覧制限がかからず、自由にブラウジングができます。

・成人向けWebサイトを制限
成人向けWebサイトに分類されるサイトの閲覧が制限されます。
別途、特定サイトの閲覧の許可や禁止などの設定も行えます。

・許可されたWebサイト
閲覧を許可するサイトの一覧を設定し、そのリストに基づいてブラウジングを制限します。

この他にもスクリーンタイムでは、アプリの購入や課金を制限したり、年齢制限のあるようなコンテンツの利用を阻止できたりと、低年齢のユーザーが安心してiPadを使う上で欠かせない設定が可能です。

【次ページ】 Jamf ProでWebフィルタリングの設定を配布する

Back Number

iPadのWebフィルタリング方法

iPadのWebフィルタリング方法

はじめに インターネット上には様々なWebサイトがあり、中には犯罪にかかわるような危険なサイトなども存在します。フィルタリングソフトは、それら不適切なサイトの閲覧を制限することのできるサービスの一つです。子供たちの安全を守る

特別講座「音を可視化して見てみよう」開講レポート/昭和学院中学校・高等学校 教諭(理科・情報)博士(工学) 榎本裕介

特別講座「音を可視化して見てみよう」開講レポート/昭和学院中学校・高等学校 教諭(理科・情報)博士(工学) 榎本裕介

12月22日、昭和学院中学・高等学校様にて、早稲田大学 理工学術院総合研究所 准教授 ・加速キッチン合同会社 代表 田中香津生(たなかかづお)先生をお招きして、前回の特別講座「リバーシAIを作ろう」に引き続き、音楽と理科(物理)を

リバーシAI特別講座の開講レポート/昭和学院中学校・高等学校 教諭(理科・情報)博士(工学) 榎本裕介

リバーシAI特別講座の開講レポート/昭和学院中学校・高等学校 教諭(理科・情報)博士(工学) 榎本裕介

12月20日、昭和学院中学・高等学校様にて、早稲田大学 理工学術院総合研究所 准教授 ・加速キッチン合同会社 代表 田中香津生(たなかかづお)先生をお招きして「リバーシAIを作ろう」と題した特別講座が開かれました。 当日の講