2022/11/28

学校のiPadを紛失してしまった場合の対処法

もしも学校で導入したiPadを児童生徒が紛失してしまったとき、どのように対応すればよいか事前に想定できていますか?

前回のChromebookにつづき、今回のコラムではiPadを紛失してしまった場合の対処法をお届けします。

紛失モードとは?

まずiPadやiPhoneなどのAppleデバイスには、「探す」という機能が搭載されています。
事前にデバイスで「探す」を設定しておくことで、iCloud.comや「探す」Appで端末の位置情報を確認できるようになります。

さらに「探す」では、「紛失モード」というサービスも提供しており、これはその名の通りAppleデバイスを紛失してしまった際に利用する機能です。
この紛失モードを有効にすることで、デバイスはロックされ、位置情報の追跡に加え、ロック画面に返却先の電話番号やカスタムメッセージを表示させることも可能になります。

学校のiPadを紛失モードにするには?

前述のとおり、Appleデバイスには、「紛失モード」という端末の紛失に備えた機能が標準で備わっています。学校のiPadを紛失してしまった場合にも、この紛失モードを使わない手はありません。

しかしながら、iCloud.comや「探す」AppでiPadを紛失モードにするには、個人のApple IDが必要であり、Apple School Manager上で作成された管理対象Apple IDでは利用できない仕様になっています。

それでは、学校で管理しているiPadを紛失モードにするには、どうすればよいのでしょうか。

学校管理下のiPadを紛失モードにする場合、iCloud.comや「探す」Appの代わりに、デバイスの管理に利用しているMDM(Mobile Device Management)を使って紛失モードに切り替えます。

デバイスの要件

MDMを使って紛失モードにするには、対象のデバイスで以下の条件を満たしている必要があります。

 ・インターネットに接続されていること

 ・iOS 9.3 以降であること

 ・監視対象であること

「監視対象」とは、iPadなどのAppleデバイスを細かく制御できるようにするモードのことで、Apple Configurator 2やADE(Automated Device Enrollment)を利用することにより、デバイスを監視対象にすることができます。
なお、監視対象にされているデバイスは、[設定]アプリの画面に監視についてのメッセージが表示されます。

【次ページ】 MDMでデバイスの紛失モードを有効にする

Back Number

iPadのWebフィルタリング方法

iPadのWebフィルタリング方法

はじめに インターネット上には様々なWebサイトがあり、中には犯罪にかかわるような危険なサイトなども存在します。フィルタリングソフトは、それら不適切なサイトの閲覧を制限することのできるサービスの一つです。子供たちの安全を守る

特別講座「音を可視化して見てみよう」開講レポート/昭和学院中学校・高等学校 教諭(理科・情報)博士(工学) 榎本裕介

特別講座「音を可視化して見てみよう」開講レポート/昭和学院中学校・高等学校 教諭(理科・情報)博士(工学) 榎本裕介

12月22日、昭和学院中学・高等学校様にて、早稲田大学 理工学術院総合研究所 准教授 ・加速キッチン合同会社 代表 田中香津生(たなかかづお)先生をお招きして、前回の特別講座「リバーシAIを作ろう」に引き続き、音楽と理科(物理)を

リバーシAI特別講座の開講レポート/昭和学院中学校・高等学校 教諭(理科・情報)博士(工学) 榎本裕介

リバーシAI特別講座の開講レポート/昭和学院中学校・高等学校 教諭(理科・情報)博士(工学) 榎本裕介

12月20日、昭和学院中学・高等学校様にて、早稲田大学 理工学術院総合研究所 准教授 ・加速キッチン合同会社 代表 田中香津生(たなかかづお)先生をお招きして「リバーシAIを作ろう」と題した特別講座が開かれました。 当日の講