PC教室に必須!! Mac端末での環境復元ソリューションのポイント | Edu at Mitani - パート 2    
2022/05/09

PC教室に必須!! Mac端末での環境復元ソリューションのポイント

環境復元ソフトによる環境復元

サードパーティ製の環境復元ソフトを利用し、システムをまるごと復元する方法です。


Deep Freeze Mac(※1)はmacOSの環境復元ソフトの代表的製品

環境復元の対象は、保護対象のボリューム全体となります。

前述のゲストユーザや、個々のユーザのようなユーザプロファイル領域の削除だけではなく、システムの変更も復元されるため、アプリのインストールや、ウイルス感染といった脅威に対しても、変更前の状態に戻すことが可能です。

再起動にて環境復元が可能なため、管理者の運用負担も最小限にできます。

ただし、ウイルス対策ソフトのパターンファイルといった、本来更新されるべきファイルまで復元されてしまうため、運用後のメンテナンスを見据えた機能実装をしっかりと検討しましょう。
なおパターンファイルを更新するには
・手動で非保護状態にして、更新を待つ
・夜間などの端末利用時間外に自動的に非保護状態にして、更新を待つ
といったような運用が必要です。

※1 Deep Freeze for Macの詳細はこちら
https://www.faronics.com/ja/products/deep-freeze/mac

共通の注意点

環境復元を実装する場合は、以下の点に注意が必要です。

)プロファイルの調整
ユーザプロファイルが削除されるため、常にユーザは初回ログインの状態になります。
未調整の場合、利用開始までに様々な設定を必要とする場合があります。
初回ログイン時でもすぐに利用が可能なプロファイルの調整は必須です。

)ユーザデータの保存先の準備
ユーザプロファイルが削除されるため、作成したデータを削除されない場所に都度保存する必要があります。
外付ストレージ、ファイルサーバ、クラウドサービス など環境に合わせて保存先を準備しましょう。

まとめ比較表

まとめ

今回のコラムではMac端末の環境復元ソリューションのポイントについて紹介しました。
macOS ServerのサービスであるNetBootも提供されなくなったため、あらためてMacの環境について見直してみてはいかがでしょうか。

環境復元に限らずMac教室の端末管理でお困りの管理者様、まずは三谷商事にご相談ください。

お問い合わせはこちら

本コラムに関するお問い合わせはこちらからよろしくお願いいたします。

関連コラム

コスパ最高!?授業支援ツールとしてのApple Remote Desktopの実力

Macでもできる! 〜Apple クラスルームによるMacの授業支援

クローニングはもう古い? 〜プロビジョニングによる新しいMac教室の管理方法

Back Number

MacでiPadを操作!! 〜Sidecarとユニバーサルコントロールの実力〜

MacでiPadを操作!! 〜Sidecarとユニバーサルコントロールの実力〜

iPadとMacの親和性って?  - Air Dropでデータをやりとり - iCloudでデータを共有 - フォトストリームで撮影した写真を即共有 - Handoffで作業中のデータを別デバイスに引き継ぎこれまでもAppl

Googleの新しいストレージポリシーに備えよう!100TB制限に対するストレージ運用方法

Googleの新しいストレージポリシーに備えよう!100TB制限に対するストレージ運用方法

2022年7月から、Google Workspace for Educationで新しいストレージポリシーが施行されることをご存知でしょうか? 今回のコラムでは、その新しいストレージポリシーが適用された後の影響や、組織のスト

csv管理から解放? 一から始めるAzure ADとASMの連携によるManaged Apple IDの管理

csv管理から解放? 一から始めるAzure ADとASMの連携によるManaged Apple IDの管理

年次更新間に合ってますか? 教育機関において、ユーザの年次更新は一大行事です。ICT管理者様においては、様々なシステムにおいて -卒業生のユーザ削除 -新入生のユーザ登録 -在校生のユーザ情報更新などの設定で3月〜4月の大半