Macでもできる! 〜Apple クラスルームによるMacの授業支援

公開日:2022/03/24
最終更新日:2022/06/27

Apple クラスルームがMacでも使える!?

Apple クラスルーム(以下クラスルーム) ※1

画面監視やアプリの起動、画面のロックなど
iPadで授業をする上で、この上ない機能が備わっており
なおかつ 無料

そんなクラスルームが実はMacでも利用できます。

今回はMacでのクラスルームの活用方法を紹介します。

※1 Apple クラスルームの詳細はこちら
https://www.mitani-edu.jp/column/043/

Macクラスルームの利用条件

Macでクラスルームを利用するには以下の条件を満たす必要があります。
なお今回はApple School Manager(以下ASM)の管理対象Apple IDとクラスを利用したクラスルームの要件を紹介します。※2

・macOS 11.3 以上
・教員)教員権限の管理対象Apple ID
・生徒)生徒権限の管理対象Apple ID
・ASM上のクラス※3
・Wi-Fi
・Bluetooth
※4

※2 MDMを利用する場合の条件はこちら
https://support.apple.com/ja-jp/guide/classroom/clac1b9b4f8a/ipados
管理対象外の対面クラスで条件はこちら
https://support.apple.com/ja-jp/guide/classroom/apd1d311e8c0/ipados
※3 クラスの作成方法についてはこちら
https://www.mitani-edu.jp/column/078/
※4 その他詳細条件はこちら
https://support.apple.com/ja-jp/guide/classroom/apdd491bf924/ipados

クラスルームの環境を準備する

利用条件が整ったら、クラスルームの設定をしましょう。

まず始めに
「システム環境設定」から 対象の管理対象 Apple IDでサインインします。

生徒用Macの準備はこれで完了です。

教員の場合、App Store からクラスルームアプリをインストールします。
もちろん無料です。

クラスルームを起動すると、自分の対象のクラスが表示されます。

教員用Macの準備はこれで完了です。

クラスルームを使ってみよう

では、実際にクラスルームを操作してみましょう。

クラスのトップ画面では、生徒の一覧を確認できます。
クラスの上部バーにて、簡単に生徒の端末をサポートすることができます。

○画面監視
をクリックすることで、生徒の画面を表示することができます。

○アプリ起動
をクリックすることで、指定したアプリを起動することができます。

○ナビゲート
をクリックすることで、Safariで指定したURLを起動させることができます。

○ロック
をクリックすることで、生徒端末の画面をロックすることができます。

他にも
 - ファイルの共有
 - 消音
 - 起動しているアプリの非表示
などといった機能があります。

まとめ

今回のコラムではMacでのクラスルームの活用方法について紹介しました。 ASMでのアカウント/クラスの管理や、Mac端末への管理対象Apple IDへのサインインなど、多少手間が必要ですが、これだけの機能を無料で使えるのは魅力的ですよね。

クラスルームに限らずMac教室の授業支援や端末管理でお困りの管理者様、まずは三谷商事にご相談ください。

お問い合わせはこちら

三谷商事へのお問い合わせはこちらからよろしくお願いいたします。

Back Number

【Chromebook活用術】Google管理コンソールでブックマークを管理する方法

【Chromebook活用術】Google管理コンソールでブックマークを管理する方法

インターネット上には児童生徒向けにプログラミングやタイピングなどが学べるWebサイトが数多く公開されています。 それらを授業で活用する際は、あらかじめ各自の学習用端末にサイトへのショートカットを登録(ブックマーク)し

デジタル庁が開催した「GIGAスクール自治体ピッチ」第2弾 に登壇しました

デジタル庁が開催した「GIGAスクール自治体ピッチ」第2弾 に登壇しました

三谷商事株式会社は、2024年4月18・19日にデジタル庁が開催した「GIGAスクール 自治体ピッチ」第2弾 ※1に登壇しました。 ※1「GIGAスクール 自治体ピッチ」第2弾とは、GIGAスクール構

管理対象Apple IDと確認コード② ~電話番号のリセット・追加・削除方法

管理対象Apple IDと確認コード② ~電話番号のリセット・追加・削除方法

管理者やマネージャ、講師、職員といった生徒以外の役割の管理対象Apple IDでは、確認コードによる追加の認証が必須となっています。 これらの役割のアカウントでは、確認コードはあらかじめ設定した電話番号宛に送られてきますが、