iPadOSのバージョンが選択できる?~iPadOS15で搭載されたソフトウェア・アップデートの新機能~ | Edu at Mitani    
2021/10/26

iPadOSのバージョンが選択できる?~iPadOS15で搭載されたソフトウェア・アップデートの新機能~

 

今までiPadOSのソフトウェア・アップデート時、新しいiPadOSのメジャーバージョンがリリースされている場合、マイナージョンのiPadOSで継続して利用したいにも関わらず、アップデートを実施すると強制的にメジャーバージョンのiPadOSにアップデートしてしまうという経験はありませんか?

iPadOS15から提供された新機能では、
iPadOS14にて、ソフトウェア・アップデートをする際
 ・マイナーアップデートを選択する -> 14.x が適用される
 ・メジャーアップデートを選択する -> 15.x が適用される
という選択が可能になりました。

本コラムでは、具体的なアップデート方法、さらにMDMによるアップデートの制御についてまで紹介していきます。

iPad上からソフトウェア・アップデートを実施する

まずは実際に、iPadでソフトウェア・アップデートの画面を見てみましょう。
iPad上からソフトウェア・アップデートを実施する場合の設定方法です。 ソフトウェア・アップデートの選択画面が表示されます。

マイナーバージョンのアップデート(iPadOS14.x)を行う場合は「ダウンロードしてインストール」をタップします。
メジャーアップデート(iPadOS15へアップデート)を行う場合は、「iPadOS15にアップグレード」をタップします。

このように、ソフトウェア・アップデートの画面で、現在のバージョンのマイナーアップデートを行うか、メジャーアップデートを行うかの選択ができるようになっています。

メジャーアップデートを行うと様々な機能が追加され、より便利になる反面、現在利用しているアプリが利用できなくなる、といったデメリットもあります。
これまでは、メジャーアップデートを行わない = 現バージョンのまま利用する、という選択となり、セキュリティアップデートなどがあった場合でも適用ができない環境でしたが、今回の仕様変更により、現行バージョンを使い続け、なおかつ継続的にセキュリティアップデートなどの適用が可能になりました。

MDM(Jamf Pro)からソフトウェア・アップデートを制御する

アップデートのバージョン制御については、MDMにて管理が可能になっています。
Jamf Proの画面を例に実際の動きについて見てみましょう。

「リモートコマンド」>「ソフトウェア・アップデートのバージョンを推奨(iOS14.5以降、監視対象のみ)」を利用します。
マイナーバージョンのアップデートのみ(iPadOS14.x)に制限する場合は、「現在インストールされているバージョンの最新のマイナーバージョンのみをインストールすることをユーザに許可」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

iPad側ではソフトウェア・アップデートの項目では、マイナーバージョンのiPadOSのみ表示され、「iPadは、管理者によって認められた最新のソフトウェア・アップデートを表示しています。」と表示されます。

メジャーバージョンのアップデートのみ(iPadOS15へアップデート)に制限する場合は、「最新のメジャーバージョンをインストールすることのみをユーザに許可」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

iPad側ではソフトウェア・アップデートの項目では、メジャーバージョンのiPadOSのみ表示され、「iPadは、管理者によって認められた最新のソフトウェア・アップデートを表示しています。」と表示されます。

このように、
「最新のメジャーバージョンをインストールすることのみをユーザに許可」
「現在インストールされているバージョンの最新のマイナーバージョンのみをインストールすることをユーザに許可」の設定が可能です。

「最新のメジャーバージョンをインストールすることのみをユーザに許可」を実行すると、このようにマイナーアップデートの選択肢が表示されなくなります。

「現在インストールされているバージョンの最新のマイナーバージョンのみをインストールすることをユーザに許可」を実行すると、このようにメジャーアップデートの選択肢が表示されなくなります。

まとめ

これまで、iPadOSのアップデートの方法の選択について確認を行ってきました。

MDMを導入している場合は、管理者がアップデートのバージョン制御を行う運用が可能となり、メジャーバージョン、もしくはマイナーバージョンのみの最新iPadOSを表示させることが可能になります。

また、すぐにメジャーバージョンにアップデートを行いたくない場合は、マイナーバージョンの最新iPadOSのみに制限することで、マイナーバージョンのセキュリティアップデートを適用することができます。

お問い合わせはこちら

本コラムに関するお問い合わせはこちらからよろしくお願いいたします。

Back Number

ADE(旧DEP)とは?

ADE(旧DEP)とは?

  iPadを組織で管理するためには、様々な方法があります。その中でも、Automated Device Enrollment(以下ADE)(旧:Device Enrollment Program)は、よく聞く管理方法だと思

クローニングはもう古い? 〜プロビジョニングによる新しいMac教室の管理方法

クローニングはもう古い? 〜プロビジョニングによる新しいMac教室の管理方法

  クローニングができない!? Mac教室の管理 できてますか?? 昨今Apple社では、macOSのシステムボリュームを保護するための機能を次々にリリースしています。古くはSIP(System Integrit

Google Meet運用術 ~会議の開催を特定ユーザーに制限する方法~

Google Meet運用術 ~会議の開催を特定ユーザーに制限する方法~

  今回のコラムでは、Chromebookを利用されている自治体や学校関係者の方向けに、Google Meetの運用術をご紹介いたします。 Google Meetの利便性と不安要素 Google Work