Appleデバイスのセキュリティが心配ですか?

公開日:2020/06/22
最終更新日:2022/06/27

こんにちは、三谷商事 文教営業部です。
この春、世の中のテレワークの浸透や、デジタルトランスフォーメーションの加速化により、昨年末からはじまった「GIGAスクール構想」の整備が、急がれています。「GIGAスクール構想」とは、児童・生徒一人に一台の端末と高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備するという文部科学省が推奨する構想です。(前回のブログ「自治体ピッチ」も合わせてご覧ください)

今や、もしも端末を操れず、ネットワークから隔離されたとしたら、この社会を生きていけないと言っても過言ではありません。子供のころからICT環境に慣れ親しんでいるのといないのとでは、その差は歴然としています。今の子供たちは家庭でもスマホやタブレットなどの端末に親しんでいることが多いので、むしろ、学校で端末を使えないことの方が違和感があるのかもしれません。

モバイル環境が当たり前になった環境の中、昨今では、お店のポスレジや、レストランのメニュー、また、企業の在庫管理などにおいてもApple社のiOSのタブレット「iPad」の導入が浸透してきています。一昔前までは、Mac OSやiOSは、クリエイティブ系の人が使うもの、それ以外はwindows…といったイメージもあったかと思いますが、今はまったくその限りではありません。今では、エンタープライズ企業をはじめ、エンジニアもMacなどApple社のデバイスを常用していることも多々あります。

Jamf ProはAppleデバイスの縁の下の力持ち

そして、学校への端末導入でも人気が高いのがiPadやMacといったApple製品です。しかし、Apple製品特有のイメージなのか、その管理やセキュリティは大丈夫なの?と気になる方も多いかと思いますが、そこは、Apple社のデバイスのために特化して作られたJamf Pro(ジャムフ プロ)というMDM(モバイルデバイス管理 Mobile Device Management)を導入することで、その不安は払拭されます。

Jamf Proは、聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、情報システム担当の方々には周知のAppleデバイスの縁の下の力持ちです。なにせ、Jamf 社は、「Apple製品を使っている組織を助ける」というミッションのもとに立ち上げられた企業で、今や本家本元のApple社までもがJamf ProをMDMとして採用しています。

MDMには各社に優れたものがありますが、Jamf Proは、特筆すべき優位な点が多々あります。そのひとつが「ゼロタッチデプロイ」です。専門用語は置いておくとして、どういうものかというと、今まで一台一台おこなっていた、キッティング作業を遠隔で自動でおこなってくれるというものです。新規のデバイスを箱から出して電源を入れ、ネットワークに繋ぐだけで、学校独自の設定やアプリなどがクラウド経由で自動ダウンロードされ、すぐ使い始めることができる状態になります。

これは、学校で数十台、数百台とデバイスを導入した際は、担当者のキッティング作業を大幅に効率化して負担を減らすことができます。そして、こういった人の手を介さずに自動化されるということは、ゼロトラスト(全てのトラフィックを信頼しないという観念)の観念からも、とてもセキュアな方法だと言えます。

また、Jamf Proは、遠隔から、Bluetoothのオンオフを操作したり、端末をロックしたり、暗号化することができます。これは、端末の紛失時にはとても安心な機能です。細かい話ですが、暗号化の際の利点として、デバイスが見つかった時などもJamf Proが管理してくれるのも助かる機能です。また、こういった遠隔からのコマンドは完了したのかどうかが操作側からわからないのが一般的でした。しかし、Jamf Proなら、現状のステイタスを確認することができるので大変便利です。

そのほか、児童・生徒が自宅に持ち帰ることも考慮し、個人でのアプリ購入を禁止したり、使わない機能をロックさせておくなども可能です。また、夜間に授業で必要なアプリのインストール、アンインストール、様々なソフトのアップデートなど、管理者側で一括管理することにより、常に最新の安全な状態を保つことができます。その際、アプリケーションのIDが個々のデバイスに紐づかいないので利用者が変わった時の対応も楽なのも魅力です。

さらにJamf Proの優れた点として「デイゼロアップデート」があります。これは、Apple社からの最新のアップデートに対し24時間以内で対応を行い、タイムラグなく最新の状態に保つことができる機能です。実はApple社の公式のアップデートのお知らせよりもJamf Proからの情報の方が早いくらいというほど、MacやiPadといったAppleデバイスといえばJamf Proなのです。

こういった最新のOSやアプリケーションのパッチは、セキュリティの面からも非常に大切な作業です。

このように、MacやiPadなどのAppleデバイスに頼もしいMDM、Jamf Proがあれば、Appleデバイスのセキュリティに対する懸念は払拭され、安心して導入していただけることでしょう。弊社も、世界中の名だたるIT企業が採用しているMDM、Jamf Proを推奨しています。一元管理の容易さとセキュアな運用が可能なJamf Proは、Appleデバイスならどれでも対応しています。ぜひご検討ください。

Back Number

管理対象Apple IDのサインイン時に他のiPadのパスコードを求められる?

管理対象Apple IDのサインイン時に他のiPadのパスコードを求められる?

iCloudは、Apple社が提供しているクラウドストレージサービスです。 Apple School Managerで作成した管理対象Apple IDの場合、1アカウントにつき200GBものiCloudストレージが無料で利用

Google Workspace「安全性の低いアプリ(LSA)」サポート終了に伴う影響と対応策について

Google Workspace「安全性の低いアプリ(LSA)」サポート終了に伴う影響と対応策について

2024年秋以降、Google Workspaceで「安全性の低いアプリ(LSA)」のサポートが終了する予定となっています。 今回のコラムでは、「安全性の低いアプリ(LSA)」が終了することによる影響や、その対応策に

2024年6月でサポート終了?!Manifest V2 拡張機能の移行期間を延長する方法

2024年6月でサポート終了?!Manifest V2 拡張機能の移行期間を延長する方法

2024年6月以降、Manifest V2のChrome 拡張機能がサポートされなくなることをご存知でしょうか? 今回のコラムでは、Google Workspaceの管理者様に向けて、Manifest V2拡張機能の