2022/10/14

iPad + Jamf Pro環境下における卒業時の必須作業について

今や学校では、児童生徒一人一人がiPadやChromebookなどの端末を使って学習する時代となりました。

今回のコラムでは、iPad運用中の管理者の方にむけて、iPad、MDM(Jamf Pro)、ASMの卒業時に必要な操作をご紹介していきます。

卒業後の利用者を確認しよう

卒業時の必須作業をするにあたり、まず、卒業後のiPad利用者を明確にすることが重要です。

以下は、卒業後の主な利用者の例です。

新1年生が利用する学校がiPadを所有しており、卒業後は新1年生に端末が引き継がれるパターン
卒業生が引き続き利用する卒業する児童生徒がiPadを所有しており、卒業後に譲渡することで端末を継続利用するパターン

それぞれのパターンで卒業時に必要な処理も異なってきます。

それでは、次項からパターン別に卒業時の操作例を見ていきましょう。

パターン①:iPadを新1年生が利用する

まずはじめに、iPadを新1年生が引き継ぐパターンを確認していきましょう。

以下は、卒業生から新1年生に利用者が変わる場合の処理の一例になります。

1)iPadを新しいSiteに割り当てる

2)旧Site用のPrestage Enrollmentの割り当てを解除する

3)新Site用のPrestage Enrollmentを割り当てる

4)iPadのワイプ(初期化)

5)iPadのセットアップ

iPadの所属するSiteに変更がなければ、基本的にiPad内の卒業生のデータを消すためのワイプと、ワイプ後のセットアップを実施するのみです。
ここでは、多くの環境で実施する可能性の高い「iPadのワイプ(初期化)」と「iPadのセットアップ」に焦点を当ててご紹介します。

◆iPadのワイプ(初期化)

Jamf ProでワイプするiPadのデバイス管理画面を開き、[Management(管理)]⇒[Wipe Device(デバイスをワイプ)]をクリックします。

すると、以下のような画面が表示されます。
それぞれの画面で、[Wipe Device(デバイスをワイプ)]、[OK]をクリックすると、対象のiPadでワイプが実行され、端末内に保存されていたデータが消去されます。

◆iPadのセットアップ

ワイプが完了したら初期ウィザードを進めて、iPadのアクティベーションを行いましょう。
AppleのADEとJamf ProのPrestage Enrollmentの機能により、Wi-Fiに接続すると以下のように自動的にMDMサーバに登録され、設定された構成プロファイルやアプリなどのインストールが開始されます。

アクティベーション後は、環境にあわせて適宜手動でしなければならない設定(iPad名変更など)を行い、新1年生用の処理は終了です。

【次ページ】 パターン②:iPadを卒業生が利用する

Back Number

学校のiPadを紛失してしまった場合の対処法

学校のiPadを紛失してしまった場合の対処法

もしも学校で導入したiPadを児童生徒が紛失してしまったとき、どのように対応すればよいか事前に想定できていますか? 前回のChromebookにつづき、今回のコラムではiPadを紛失してしまった場合の対処法をお届けします。

もしも学校のChromebookを紛失してしまったら?事前に設定すべき項目と対処法

もしも学校のChromebookを紛失してしまったら?事前に設定すべき項目と対処法

学校でChromebookを導入したのはいいけれど、児童生徒が紛失してしまわないか不安に思われてはいませんか? 今回のコラムでは、もしもChromebookを紛失してしまった場合の対処法などをお届けいたします。

【iPadデータ移行術】卒業に備えてiCloudのデータをバックアップしよう

【iPadデータ移行術】卒業に備えてiCloudのデータをバックアップしよう

管理対象Apple IDが消えてしまうと… 学校でiPadをご利用になる場合、児童生徒一人ひとりに管理対象Apple IDを提供していることが多いかと思います。 管理対象Apple IDを発行することで、Appleのオ