2022/07/19

iPadでSSO!?〜教育現場におけるiPadパスワード管理のベストプラクティス〜

Authenticatorアプリを利用したSSO(シングルサインオン)

iPadの自動入力は、利用しているサービスの数だけ、利用者にて手動で登録する必要があります。
通常、学校で利用されるサービスは、IT管理者にてアカウントを発行しているため、管理者の負担も、利用しているサービスの数 × 利用者数となってしまいます。

そういった利用者や、管理者の負担は、Azure ADといったアカウント連携が可能なサービスを利用することで、
 - 利用者が覚えるアカウントとパスワードの数を減らす
 - 管理者がアカウント管理するサービスの数を減らす
ことが可能です。

ただし、アカウント連携のみですと、ことiPadにおいては、各アプリごとにアカウント情報を入力する手間を省くことができません。※入力するアカウント情報は同一

Authenticatorアプリを利用すれば、事前にAuthenticatorアプリに登録した認証情報を利用し、各アプリに認証情報を入力せずにサインインが可能になります。

次章では、例としてAzure ADにてアカウント連携されたサービスに、Microsoft Authenticatorを利用してサインインするシーンを紹介します。

Microsoft AuthenticatorによるSSO利用シーン

まず、管理者にてMDMなどを利用し、Microsoft AuthenticatorとSSO機能拡張設定を配布します。

利用者は、Microsoft AuthenticatorにAzure ADのアカウントを登録します。

アプリのサインイン時に[Microsoftアカウント]をタップします。製品により表示は異なります。Microsoft Authenticatorに登録したアカウントをタップすることで利用が可能になります。

Webアプリについては、Safariを利用することで同じようにSSOが可能です。

注意点

iPadの自動入力やAuthenticatorによるSSOなど、利用者にとってはサインイン情報の手間を省くことができる反面、利用しているデバイスを第三者に盗まれるなどした場合は、利用サービスの個人情報がすべて抜き取られてしまいます。

iPadのパスコードを利用するなど、最低限「デバイスを利用するための個人認証」は備えるべきでしょう。

まとめ

今回のコラムでは教育現場におけるiPadのパスワード管理について紹介しました。
iPadの利便性の向上、アカウント管理の負荷軽減など、一人一台普及による課題をお抱えの管理者様、まずは三谷商事にご相談ください。

お問い合わせはこちら

本コラムに関するお問い合わせはこちらからよろしくお願いいたします。

教育機関での【iPad管理】に関する資料を公開しています。

~ 教育機関におけるiPadの管理 ご紹介資料 ~

資料の内容

○iPadの管理方法
○iPadの管理でできること
○Apple Configurator 2による管理
○MDM + ADE による管理
○コンテンツキャッシュ

~ Apple School Manager 入門書 ~

資料の内容

〇ASMとは
〇ASMの開設
〇Appとブック
〇Managed Apple IDの管理
〇クラスの管理
○デバイスの管理

Back Number

卒業時、Chromebookユーザーデータの移行方法

卒業時、Chromebookユーザーデータの移行方法

はじめに 前回のコラムでは、卒業時のChromebookに対する作業に関してまとめました。 卒業生のアカウントは、そのまま残して利用可能にしている学校も多いです。しかし今年から新たに導入されたGoogleのストレージポ

卒業時のChromebookに対する作業

卒業時のChromebookに対する作業

はじめに 今回のコラムのテーマは、卒業時のChromebookに対する作業です。学年末、卒業生が使用していたChromebook端末に対して必要な処理をまとめました。 Windowsパソコンでは、従来、一台一台の初期化

IT管理者によるChromebookのアプリ配信管理術

IT管理者によるChromebookのアプリ配信管理術

はじめに ギガスクールの本格運用が始まってから2年以上が過ぎました。Chromebook導入時に、最適なアプリを検討・導入されたかと思いますがこの2年間の運用の中で、「新たにあのアプリを追加したい。だけどアプリの追加はハード