2022/07/04

MacでiPadを操作!! 〜Sidecarとユニバーサルコントロールの実力〜

ユニバーサルコントロールとは

ユニバーサルコントロールとは、

「iPadをMacのキーボードやトラックパッドで操作ができる」

「iPadとMacのデータをドラッグアンドドロップで行き来できる」

機能です。

これまでの
 - iPadのデータをAir Dropを利用して受け取り、Macで編集して送り返す
 - iPad用にキーボードを購入する
といった負担を一新できます。

ユニバーサルコントロールの利用条件

ユニバーサルコントロールを利用するには以下の要件を満たす必要があります。

Mac)

・macOS Monterey (12.4) 以降
・以下条件を満たすデバイス
 - MacBook (2016 年以降に発売されたモデル)
 - MacBook Pro (2016 年以降に発売されたモデル)
 - MacBook Air (2018 年以降に発売されたモデル)
 - Mac mini (2018 年以降に発売されたモデル)
 - iMac (2017 年以降に発売されたモデル) または iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015)
 - iMac Pro
 - Mac Pro (2019 年以降に発売されたモデル)
 - Mac Studio

iPad)

・iPadOS 15.4 以降
・以下条件を満たすデバイス
 - iPad Pro (すべてのモデル)
 - iPad (第 6 世代) 以降
 - iPad mini (第 5 世代) 以降
 - iPad Air (第 3 世代) 以降

その他)

・2ファクタ認証Apple ID (管理対象Apple IDでは利用できません)
・Bluetooth、Wi-Fi、Handoff を有効
・各デバイスを 10 メートル (30 フィート) 以内に配置

ユニバーサルコントロールの準備

ユニバーサルコントロールを利用するための準備をします。

Sidecar同様、Mac / iPad同一のApple IDでiCloudにサインインします。

接続が完了したら、Macのシステム環境設定 -> ディスプレイを開き
[ディスプレイを追加]から[キーボードとマウスをリンク:接続したiPad名]を選択します。

以上で、設定は完了です。

ユニバーサルコントロールを利用する

設定が完了すると、ポインタがMacとiPadを行き来できます。

写真やKeynoteなどのデータをドラッグアンドドロップで直接コピーができます。

iPadのアプリにMacのキーボードを利用して入力することも可能です。

まとめ

今回のコラムではMacとiPadのドッキング機能として、Sidecarとユニバーサルコントロールの機能について紹介しました。
Mac端末でファイル編集、iPadでプレゼンテーション といったApple製品の親和性をより向上できる機能が加わり、創造性が高まるのではないでしょうか。

Apple製品に興味のある管理者様、まずは三谷商事にご相談ください。

お問い合わせはこちら

本コラムに関するお問い合わせはこちらからよろしくお願いいたします。

教育機関での【iPad管理】に関する資料を公開しています。

~ 教育機関におけるiPadの管理 ご紹介資料 ~

資料の内容

○iPadの管理方法
○iPadの管理でできること
○Apple Configurator 2による管理
○MDM + ADE による管理
○コンテンツキャッシュ

~ Apple School Manager 入門書 ~

資料の内容

〇ASMとは
〇ASMの開設
〇Appとブック
〇Managed Apple IDの管理
〇クラスの管理
○デバイスの管理

Back Number

卒業時、Chromebookユーザーデータの移行方法

卒業時、Chromebookユーザーデータの移行方法

はじめに 前回のコラムでは、卒業時のChromebookに対する作業に関してまとめました。 卒業生のアカウントは、そのまま残して利用可能にしている学校も多いです。しかし今年から新たに導入されたGoogleのストレージポ

卒業時のChromebookに対する作業

卒業時のChromebookに対する作業

はじめに 今回のコラムのテーマは、卒業時のChromebookに対する作業です。学年末、卒業生が使用していたChromebook端末に対して必要な処理をまとめました。 Windowsパソコンでは、従来、一台一台の初期化

IT管理者によるChromebookのアプリ配信管理術

IT管理者によるChromebookのアプリ配信管理術

はじめに ギガスクールの本格運用が始まってから2年以上が過ぎました。Chromebook導入時に、最適なアプリを検討・導入されたかと思いますがこの2年間の運用の中で、「新たにあのアプリを追加したい。だけどアプリの追加はハード