Google社の「Chromebook」を採用した応用パッケージ | Edu at Mitani    
2020/06/04

Google社の「Chromebook」を採用した応用パッケージ

こんにちは、三谷商事 文教営業部です。

前回は、「GIGAスクール構想」の柱となるプロジェクト、児童生徒一人に一台の端末を、ということで、弊社から「Chromebook」を採用した「基本パッケージ」のご紹介をさせていただきました。
「iPad」を使用した基本パッケージは、こちらから

さて、基本パッケージは主に端末を中心とした内容になっているのですが、実際の授業、運用・管理についてのフォローがなければ、せっかく導入した端末も「文鎮化」してしまいます。

そこで、ただでさえ忙しい先生方が、端末の導入・運用・管理にかかわる雑多な実務に煩わされず、本来の仕事に注力できるようにということを一番に考え、保守・運用管理と、授業での活用支援に重点を置いて構築したのが弊社の、「オールインワンパッケージ」です。

「Chromebook応用パッケージ」の内容は?

弊社の「Chromebook応用パッケージ」は、「基本パッケージ」でもご紹介させていただきました端末「Chromebook」に加え、弊社独自のソリューションを加えた内容となっています。

三谷商事の「Chromebook」基本パッケージ 39,900円(税込)〜

・「Chromebook」(レノボ Chromebook 300e)
・G-Suite for Education(無償/学習用ツール)
・Kickstart Program(無償/運用管理や導入を支援する教職員向け研修プログラム)
・Chrome Education Upgrade(CEUライセンス) (無償/端末管理ツール)

・端末キッティング作業
・管理ツール構築作業/維持・保持保守(3年)
・Chrombook拡張保守パック(3年間)
・MetaMoJi Classroom ライセンス(3年間)
・オンライン利活用研修 G-COS (3年間)

応用パッケージには、端末導入後に起こるであろう、作業や課題についてもパッケージングされています。実際に採用された学校様の声を反映させて構築した保守パックになっていますので、実戦に即した内容となっています。

こうして見ると、いろいろとやらなくてはならないことがたくさんあるようで大変だなと思われるかもしれませんが、その大変だなと思う部分をサポートしたものが応用パッケージだと思っていただければ良いかと思います。

例えば、管理ツール構築作業/維持・保持保守では、Chrome Education Upgrade(CEUライセンス) (無償/端末管理ツール) の初期設定などを行います。Chrome Education Upgrade(CEUライセンス)は、いつでもどこでもすべての端末を一元管理できる便利な端末管理ツールなのですが、ユーザー編成などの初期設定作業を間違えると、変更が難しく運用が複雑になってしまいます。このように、導入時の設定にはノウハウが必要な面もありますので、そういったことをオールインワンパッケージではお手伝いさせていただけます。

また、Chrombookの破損にも対応できるのがChrombook拡張保守パックです。学校というのは、突発な費用の捻出の難しい組織です。こちらは、回数制限なし、送料負担なしという部分が特筆したいところです。また修理後は、セットアップして返送するサービスも含み、忙しい先生方にご負担のかからないようになっています。

MetaMoJi Classroomは、実際の授業に活用していただけるツールです。まるで紙にペンで書きこんでいるような自然な感覚でノートを取ることができます。児童生徒たちのノートをリアルタイムで画面共有したり転送したりできるので、個別学習にもグループ学習にもアイデアが広がりそうです。

オンライン利活用研修 G-COS は、Google認定トレーニングパートナーの企業、イーディーエル株式会社が開発したオンライン研修ツールです。Google社とは違った視点で、実際にG-Suite for Educationを使っている全国約2000人の教師の生の声を反映した教材です。1本5〜6分の動画がアーカイブされており、教師が自分のアカウントでログインし、自宅でも、教室でも、いつでもどこでもスキマ時間で自習することが可能です。気軽に聞ける人がいない、という悩みを解消してくれるツールです。

AI時代を生きる、これからの児童生徒への教育に際し、先生方のITスキルのステップアップは必須です。G-Suite for Educationを最大限に活用するためにもG-COS、Google社のKickstart Programなどでどんどん学んでいっていただければと思います。

また、G-COSでは、2020年の夏に開始予定の「教育プラットホーム」を準備中です。「教育プラットホーム」とはG-Suite for Educationを利用した教材プリントや、Chromebookを使った学習指導案の提供、既存のアナログ教材を、G-Suite for Educationを活用したデジタル教材に変換し、授業に活用していただけるものとなります。

これら、オールインワンパッケージの基本サービス期間は3年間ですが、5年間でも対応することも可能です。様々なシチュエーションに対応できるパッケージです。

たとえば端末がiPad OSの場合でもご採用が可能です。次回は、「iPadを採用した基本パッケージ、Apple社の「iPadを採用した応用パッケージ」についてご紹介いたします。

Back Number

ADE(旧DEP)とは?

ADE(旧DEP)とは?

  iPadを組織で管理するためには、様々な方法があります。その中でも、Automated Device Enrollment(以下ADE)(旧:Device Enrollment Program)は、よく聞く管理方法だと思

クローニングはもう古い? 〜プロビジョニングによる新しいMac教室の管理方法

クローニングはもう古い? 〜プロビジョニングによる新しいMac教室の管理方法

  クローニングができない!? Mac教室の管理 できてますか?? 昨今Apple社では、macOSのシステムボリュームを保護するための機能を次々にリリースしています。古くはSIP(System Integrit

Google Meet運用術 ~会議の開催を特定ユーザーに制限する方法~

Google Meet運用術 ~会議の開催を特定ユーザーに制限する方法~

  今回のコラムでは、Chromebookを利用されている自治体や学校関係者の方向けに、Google Meetの運用術をご紹介いたします。 Google Meetの利便性と不安要素 Google Work