Chromebook対応電子ペンの種類とGIGAスクール構想(1人1台端末)での活用方法 | Edu at Mitani    
2021/04/28

Chromebook対応電子ペンの種類とGIGAスクール構想(1人1台端末)での活用方法

メモやデザインなどを手書き感覚で行える電子ペンは、タブレット端末をフル活用するうえでは欠かせない存在になりつつあります。GIGAスクール構想においても、幅広い授業で役立つことから導入を検討する教育機関も少なくありません。そこで、今回は電子ペンの種類とおすすめである電磁誘導方式(EMR方式)のタイプについて紹介します。

電子ペンの種類

電子ペンは別名「スタイラスペン(インクがいらないペン)」ともいわれており、近年では特にスマートフォンやタブレット用のペンがスタイラスペンと称されることが多いです。スタイラスペンは、文字などを書く仕組みや搭載している機能などによって4つに大別されます。

デジタイザースタイラス

筆圧をタブレットの画面に反映する「筆圧感知機能」、ペンが作動している間は手のひらなどが画面に触れても検知しなくなる「パームリジェクション機能」を搭載しており、さらにほとんどの製品で「充電が不要」という特長を持つスタイラスペンです。
デジタイザースタイラスは、さらに電磁誘導方式(EMR方式)、アクティブES方式、N-tring、Apple Pencilなどに分類できます。GIGAスクール構想においては、このうち「電磁誘導方式(EMR方式)」が特におすすめです。

静電発生式スタイラス

搭載した電池によってペン先に静電気を発生させ、画面に筆跡を再現する電子ペンです。電池交換などの手間やコストが必要になりますが、後述する静電容量式スタイラスと比べるとペン先が細くできるので、より細かな作業などが可能です。

静電容量式スタイラス

手から発生する静電気を利用する電子ペンです。比較的安価なのが特長ですが、手から発生した静電気を伝えやすくするために、デジタイザースタイラスや静電発生式スタイラスと比べるとペン先が太くなる傾向があります。

感圧式スタイラス

ディスプレイを押した圧力を感知するタイプの電子ペンです。ゲーム機やカーナビなど、他の電子ペンよりも古くから利用されていますが、一般的にスマートフォンやタブレットは感圧式に対応していないので使うことはできません。

EMR方式の電子ペン(スタイラス)と教育現場との親和性

電磁誘導方式(EMR方式)は国内の大手電子機器メーカーであるワコムが開発した電子ペンの技術です。紙の上でペンを使うのとおなじような書き心地を実現。Chromebook以外にもスマートフォン(Galaxy Note)などで多く使われている方式です。

EMR方式の特長は、ペンの電源が必要ないのでいつでも使用できること、さらにペン先の電力が保護ガラスなどを通過するので、画面を保護しながら使えることなどが挙げられます。さらに傾き検知がありペン先も非常に細いことなど、他のスタイラスにはない特長も備えています。

教育現場においては「充電不足で授業で使えない」というトラブルの回避のほか、メモなどの普段使いから、イラスト作成といった微細な表現が必要な美術の授業まで、電子ペンの活用シーンをより広げることができます。さらに破損も予防できることから、IT担当者の負担軽減などにもつながります。

今回はEMR方式の代表的な電子ペンであるSTAEDTLER(ステッドラー)の「Noris Digital(ノリスデジタル)」を例に紹介します。

ノリスデジタルとは

前述のとおり、ドイツのニュルンベルクに本社を置く製図用品、画材などを取り扱うトップブランドメーカー「STAEDTLER(ステッドラー)」(https://www.staedtler.jp/index.html)が製造する電子ペンです。
紙と鉛筆で書くのと同じ感覚をデジタル環境でも再現することに注力しており、外観も六角軸もしくは三角軸しているのが特徴です。同じデジタイザースタイラスであるApple Pencilとは全く異なる形状をしています。ノリスデジタルと上位モデルである「ノリスデジタル ジャンボ」の機能を確認してみましょう。(https://www.staedtler.jp/digitalpencil.html

■ノリスデジタルの主な機能

・鉛筆と同じ太さ、長さの六角形
・充電不要
・ソフトのインストール不要
・芯の交換が可能

■ノリスデジタル ジャンボの主な機能

・鉛筆より太く短く、三角形の軸にすることでよりデジタル環境にフィット
・消しゴム機能
・充電不要
・ソフトのインストール不要
・芯の交換が可能

このようにグレードによって書きやすさや消しゴム機能の有無が異なります。ノリスデジタルは、充電不要という点とさらにERMシステムが搭載されている機種であれば利用できるので汎用性が高いという特長があります。
Chromebookの場合は「KAMI」(https://chrome.google.com/webstore/detail/kami-pdf-and-document-ann/iljojpiodmlhoehoecppliohmplbgeij?hl=ja&)などでの活用が増えています。

 
※EMR方式を導入する際は対応機種の確認をお願いいたします。


ご購入を希望される方は三谷商事にご相談ください

「ノリスデジタル」「ノリスデジタル ジャンボ」のご購入/見積を希望される方は、下記「お問い合せはこちら」から『ノリスデジタルの見積希望』『ノリスデジタルの購入希望』と明記のうえお問い合わせください。
※教育機関の法人様向けのみの販売となります。
 個人の方には販売できませんのであらかじめご了承ください。


Back Number

ADE(旧DEP)とは?

ADE(旧DEP)とは?

  iPadを組織で管理するためには、様々な方法があります。その中でも、Automated Device Enrollment(以下ADE)(旧:Device Enrollment Program)は、よく聞く管理方法だと思

クローニングはもう古い? 〜プロビジョニングによる新しいMac教室の管理方法

クローニングはもう古い? 〜プロビジョニングによる新しいMac教室の管理方法

  クローニングができない!? Mac教室の管理 できてますか?? 昨今Apple社では、macOSのシステムボリュームを保護するための機能を次々にリリースしています。古くはSIP(System Integrit

Google Meet運用術 ~会議の開催を特定ユーザーに制限する方法~

Google Meet運用術 ~会議の開催を特定ユーザーに制限する方法~

  今回のコラムでは、Chromebookを利用されている自治体や学校関係者の方向けに、Google Meetの運用術をご紹介いたします。 Google Meetの利便性と不安要素 Google Work